読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

metanoiaxの日記

クリスチャンの立場からクリスチャンへの疑問や、やるせなさを綴っています

女性という立場

私は、女性という立場は、男性に比べ、非常に弱い立場にあると思っています。

そこそこ平穏な状況にある時は、「そんな事は無い。女性の方が強い」と、言われたり思われたりするかも知れません。

しかし、切羽つまった状況下に置かれると、やはり女性は色々ハンディキャップが多いと言わざるを得ない現実に晒されてしまうのも事実かと思います。


例えば・・・

キリスト教のブログなので、宗教を例にさせて頂きます。


親には、自分の宗教を子供に勧める自由が保証されています。
又、子供はその勧めに対して賛同する自由も、拒否し、その事を表現する自由も保証されています。

もし、子供が親の宗教を自分も信仰する事を拒否したとします。
そして、子供が拒否した事を理由に・・・
「家を出ていけ」「食わしてやらないぞ」又は暴力を子供に加えたとします。
その際、子供は児童相談所に駆け込む事が出来ます。
そして、親の宗教を信仰しなくても、衣食住は与えられます。
所謂「子供の権利」が守られます。
女児も男児も守られます。

しかし・・・これは未成年迄です。



では18才以上で、同じ状況になった場合はどうなるか・・・


「家の宗教をおまえも信仰しないなら食わしてやらないぞ」・・・と、親が言ったとします。
18才になっていますから、女性も男性もアルバイトでも何でもして、何とか自分の食い扶持位は確保する事が出来ます。


次に、
「家の宗教をおまえも信仰しないなら出ていけ」・・↓と、親が言ったとします。
18才以上にになっていますから、時間はかかっても家を出る準備が出来ます。
シェアハウスという手もあります。
出て行く迄の我慢です。
出て行けば女性も男性も自由になれます。


最後に・・・
「家の宗教をおまえも信仰しないならこうだぞ!」・・・と、男親が暴力に出たとします。
18才以上の男性なら、男親に負けない腕力を身に付ける事が可能です。
不思議なもので、その子が男親以上の腕力を身に付けた時、その男親は暴力を奮わなくなります。
又、「家の宗教をおまえも信仰しろ‼」とも言わなくなります。

けれど・・・
18才以上になっても、女性は男親以上の腕力を身に付ける事は殆んど不可能です。
腕力では、どうしても敵いません。

女性保護施設も、旦那からのDVから女性を守ってくれても、男親からのDVは余程で無い限り、親子喧嘩、という扱いになりやすいです。
親からの暴力を専門の弁護士に相談するのが一番良いかと思いますが、何かと入り用です。

男性に比べ、どうしてもハンディキャップを背負った現実に晒されます。


これは一例ですが、最終、男性の暴力というものに対して、女性はどうしても無力です。



私は10年程前にクリスチャンホームの児童から、切羽つまったSOSを受けました。
プライバシーの問題もあるので余り詳しく書けませんが・・・
自分でもわけのわからないまま、その子のSOSに応え、気が付くと、その子に食べさせ、話をただ聞き、言葉を教え、自分で食べていける力と・・そして腕力とを身に付けさせていました。
意図してそうした訳ではなく、ただその子のでSOSに応えていたら、結果そうしていたという感じです。壮絶な10年間でした。気が付くと巻き込まれていたという感があります。
(その間、親御さんのご意志を無視していたわけでは決してありませんが詳しくは書けません)


キリスト教のブログで、この様な事を書くのも恐縮した思いもあるのですが・・・・

力を付けたその子は成人になり、教会を離れました。
しかし今では、親の暴力に怯えることもなく、フラッシュバッグに悩むこともなく、コミュニティ障害に苦しむ事も、感情喪失になることもなく、自分で考え、自分の意志で行動し、責任も持ち、私に頼ることなく自立して楽しく生きています。
時には私が頼る程に迄なりました。



しかし、これはその子が男の子だったからかも知れません。
女の子だったなら、障害はもっとあったのではないだろうか・・と思っています。


エス様が、女性に優しかったのが、とてもわかる様な気がします。


私は、キリスト教であれ、他の信仰であれ、「脅し」をする宗教は、それだけで禍々しいものを感じます。


力でねじ伏せる。



本来、イエス様か一番お嫌いになったことだと、私は思います。



家庭レベルであれ、国レベルであれ、もう2度と同じ間違いをおかしてはならないと・・・


私は、強く強く願います。



ランキングに参加しています(^.^)
下のバーナーをポチっとクリックして応援して頂ければ励みになります(*^^*)
         
          
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村