読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

metanoiaxの日記

クリスチャンの立場からクリスチャンへの疑問や、やるせなさを綴っています

「愛」という言葉が1度も出てこない聖書

「愛」という言葉が1度も出てこない聖書がある。
・・・と、言えば皆様も良くご存知で、お持ちになられている方も多くてらっしゃるのではと思う。
「愛」という言葉は、全て「大切に」・・という言葉で訳されてある。新共同訳を訳された編集委員の方のお一人の個人訳の聖書である。

数ある訳の聖書の中で、私が今、一番納得している聖書で、大好きで愛読させて頂いている。


ちなみに、この聖書では、「罪」という言葉も、「義」という言葉も、そして、「悔い改め」という言葉も出てこない。 違う言葉で訳されてある。

新約の4福音と使徒言行とパウロの書簡の訳なので、正しく言えば聖書と呼ぶのはおかしいのだが、便宜上、聖書と呼ばせて頂く。



聖書といっても本当に色んな訳がある。
新共同訳から口語訳、新改訳からフランシスコ会訳に、聖書学者の方々の個人訳、まだ他色々・・・。
ミルトスのベブライ語対訳も、好きな聖書(便宜上)
のひとつである。


そして・・・思う事がある。


聖書によって・・・そして、その使う聖書の教派によって、言葉の定義が全く違うのだということである。


「愛」「罪」「義」「悔い改め」など他、言葉そのものの定義が、聖書、教派によってバラバラなのである。

こうなると、聖書の言葉に立って・・・などと言っても、その最初の言葉の定義が聖書、教派によって違うのであるから、どれが納得できるかの判断は完全に、牧師の先生や教会側ではなく、信徒側に任されているという事になる。


どの教派も、そして、殆どの牧師の先生が、自分達の言葉の定義こそが、正しく、聖書の言葉に立って
いると、おっしゃる。


と・・・いう事は・・・
定義が違う教派や牧師の先生が、皆、そうおっしゃるのであるから、この、「自分達こそが正しく聖書の言葉に立っている」というセリフは、何のあてにもならず、この言葉には何の意味も無いという事である。


やはり、判断は信徒側にあるという事実が浮き彫りにされるという事である。



これは私が個人的に感じる事ではあるが・・・
「私達こそが正しく聖書の言葉に立っている・・」
と、強調する牧師の先生がいらっしゃる教会程、カルト化している様に感じる。
そして、謙虚さが全く感じられない。


私は・・・
ひとつの教派の言葉の定義を鵜呑みにするのではなく、俯瞰的な視点で、色々な教派や専門家達の話を聞いたり読んだりして判断したいと思っている。

ひとつだけ見て聞いて、それが他の教えより正しく聖書の言葉に立っている・・・と判断するのは、おかしな話である。比べるものが無いのに、どうして正しいと判断できるのであろうか。

カルト色の強い教会程、他を見せない様にする。
又、遠隔コントロールして、信者や子供達に、「他は偽教師だ。うちの教会こそが正しく聖書の言葉に立っている」と吹き込む。

そんなに「自分達の教会の教えこそ聖書の言葉に立っていて正しい」・・・と自信があるなら、遠隔マインドコントロールなどせず堂々と、他も見せれば良いのだ。 それを色々な理由を付けて、情報のシャットアウトをするのは、卑怯である。




これだけ、情報が手に入りやすい時代である。


「我こそが正しく聖書の言葉に立っている」と、皆が言う以上、どれが納得できるかを判断するのは信徒側にかかっている。


聖書解釈の師は、こちらで選ぶ。



師が、変わっていく事もあるかも知れない。

しかし、私は、それを恐れず、出来るだけ俯瞰的な視点で判断し、聖書解釈の師を選んでいきたいと思っている。

私は教派なんてどうでもいい。


教派に囚われている間は、俯瞰的にはなれない。


教派も何も・・全てを取り払って・・・

色の着いたサングラスを外して、聖書と関わりたい
・・・と、思っている。

    

     長々とした文を最後迄お読み下さり、
     有難うございましたm(._.)m


♦追伸♦
ブログ初心者で、まだブログというものが良く分からない為、公人かどうか判断しかねる方の個人名などは、許可を頂けていない状態では控えさせて頂いています。ご了承下さいませm(._.)m



ランキングに参加しています(^.^)
下のバーナーをポチッとクリックして応援して頂けると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

嘘です。

神様、私はあなたを信じます。
だから私の心は、いつも喜びで溢れています。

嘘です。



神様、私はあなたを信じます。
だから私の心は、いつも感謝の気持ちで溢れています。

嘘です。



神様、私はあなたを信じます。
だから私の心は、辛さなど感じません。

嘘です。



神様、私はあなたを信じます。
だから私の心は、いつも平穏です。

嘘です。



神様、私はあなたを信じます。
だから私の心は、いつも希望に溢れています。

嘘です。


・・・・・・・・・・・・。


神様、私はあなたを知らない様です。
私は、知らないあなたに嘘ばかりつきました。

本当です。



知らないあなたにだから嘘をつけました。

嘘を告白して、はじめてあなたを知りました。



神様・・・。

私は人間です。

嘘つきな私を助けて下さい。



私は・・・

嘘つきです。

神様・・本当です。


♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

私が、この詩を書いた理由は、私の中に、どうしても見たくない自分がいるからです。


クリスチャンがよく聞く言葉に、
喜びなさい。感謝しなさい。辛さは神様からの試練です。柔和でいなさい。などがあります。

その事が、おかしいと言っているわけではありません。

ただ、それが次第に、
喜ばなければならない。感謝しなければならない。辛さは神様からの試練だと思わなければならない。
柔和でいなければならない・・・・・私はクリスチャンなのだから・・・と、殆ど強迫観念に近い思いに変わってきたりする事が多々あります。

「~なければならない」とついた時点で、それは、嘘になってしまうと私は思っています。

喜ばなければならない・・・ということは、
喜んでいないということに他なりません。

感謝しなければならない・・・ということは、
感謝していないということです。

喜びも、感謝も、愛も、しようとして出来るものではありません。
自然に沸き上がる感情です。


これらは命令された時点で、死んでしまいます。
喜びも・・・感謝も・・・・愛も・・・・
命令された時点で死んでしまいます。


そして、これらの命令を実行しようとした結果、、自分の本音を自分で覆い隠してしまうという一番怖い事が起こります。


どんなに、ポジティブな事を言っても、それは嘘で固められたポジティブさです。
聞いていて無理があるのは、そのためだと思っています。

そして人が、こういった「嘘で固められたポジティブさ」を求めて、勇気を貰おうとするのは、他ならぬ自分の本音から救われたいという切ない心許なさからくるのだと私は思っています。

確かに「嘘で固められたポジティブさ」は、一時的には効果があります。
しかし、「嘘で固められたポジティブさ」からくる安心感は、確かなものではないという事も、多くの方が心のどこかで感じていらっしゃるのではないかと思っています。

そして、ここにはまってしまうと、大切なものを失ってしまいます。


それは、「痛みへの共感能力」です。


嘘で固められたポジティブさからくる安心感は、痛みへの共感能力と引き換えでしか、手に入りません。




自分の中の、一番見たくない自分の本音・・・
それは、とても直視出来ない醜いものかも知れません。

しかし・・・この直視出来ない自分の闇に向き合った時・・・
どんなに汚ない闇であったとしても、向き合ったその時点から光が射すのだと私は信じています。


闇を、嘘で固めたポジティブさで隠しても、それは光ではないのだから、闇はどこかから洩れてしまいます。


それならば、闇としっかり向き合って、闇の中に射す一筋の光を、私は見たいと思っています。




私には、まだ向かい合えない闇があります。



いつの日か・・・
この闇と向かい合う勇気を持てる自分になれますように・・・。


闇の中の一筋の強い光に希望をおいて・・・。


あなたの光に希望をおいて・・・。


私に・・・
勇気をお与え下さい。




ランキングに参加しています(^.^)
下のバーナーをポチっとクリックして応援して頂けると励みになります(*^^*)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

はじめまして

今日、はじめて会う猫がいた。
一緒に遊んだ5分間。
とても幸せな時間だった。


今日、はじめて会う犬がいた。
一緒にじゃれた5分間。
とても幸せな時間だった。





あなたが私を忘れても、
私は、あなたを忘れない


私が、あなたを忘れても、
あなたは私を忘れない。


あなたが私を忘れて・・・
私も、あなたを忘れて・・・


忘れた者どうし
「こんにちは。はじめまして」




いつも新しい二人。
私は、はじめて会うあなたが好きだから・・・
あなたが、はじめて会う私のことを好きになってくれたから・・・



今日、はじめて会う、あなた。
一緒に過ごす時間。
とても幸せな時間。



だから寂しくない。




明日も、はじめまして(^.^)

新しい二人で、幸せな時間を過ごしましょう。




ランキングに参加しています(^.^)
下のバーナーをポチっとクリックして応援して頂けると励みになります(*^^*)
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

教会の門を閉める私達クリスチャン (コメント4)

俺・・・明日、教会に行きたいねん。
そやけど、着ていく服あらへんしな・・・。
ズボン、穴開いとるし
セーターも糸ほつれとるしな・・・。
髪もボサボサやな・・・。
油で撫で付けたら何とかなるやろか・・・
教会行ったら・・・
みんなに変な目で見られるんやろな・・
そやけど俺、明日、教会行きたいねん。

あの人だけは、こんな俺見ても、変な目で見はれへんから・・・俺、明日、教会行きたいねん。




あたい、明日、教会に行きたいの。
ふさわしい服?・・・持ってないわ。
仕事服と・・・後はトレーナーとジャージしか持ってないわ。
仕事服で行くわ。
派手だって知ってるわ。男を誘惑する様な服が、あたいの仕事服なの。
これしか外出着は無いのよ。
化粧を落とした顔は、やつれて見れたものじゃないわね。あたい、まだ30になったばかりよ。
厚化粧で誤魔化して・・・
せめてもの、あたいの礼儀。
きっと、みんな、あたいを白い目で見るのでしょうね。
それでもあたい・・・
この子を抱いて、明日、教会に行きたいの。

あの方だけは、こんなあたいを見ても白い目でご覧にならないから・・・あたい、明日、この子を抱いて教会に行きたいの。




明日、教会に行く。
明日、どこに行くんだっけ?
「教会ってさっき言ってなかった?」
そう!明日、教会に行く。
「じゃあ、今日、お風呂に入りましょうか」
お風呂・・今日は無理。そんな体力ない。
「でも・・少し臭うし・・明日、教会に行くなら入りましょう」
・・・・・・・。
「オムツはして行こうね」
・・・・・・・。
嫌だ。私は臭わない。オムツもしなくて大丈夫なのに、どうして、そんな事を言うのかしら。
みんな、私の事、臭いって言うのかしら・・・。
けど私、明日、絶対、教会に行く。
明日、どこに行くんだっけ・・・?


お父さん、お父さんだけは、私の事、臭いって言わないですよね・・・
お父さん、最近は、誰も私と、ちゃんと話をしてくれないんです。・・・・たがら、明日、お父さんとお話しに行きたいんです。




俺・・・教会に行きたいねん。
あたい・・・教会に行きたいの。
私・・・教会に行く。




おいで・・・
おいで・・・
おいで・・・


私も、ずっとあなたに会いたかった。
私も、ずっとあなたを探していた。



わたしはいつも、あなたと、ともにいる。





ランキングに参加しています(^.^)
下のバーナーをポチっとクリックして応援して頂けると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

イエス様も笑ってる

身体がしんどい人がいるときは、
その人がする事を手伝って・・・

心がしんどい人がいるときは、
その人のする事を手伝って・・・


身体がしんどいときは、
自分のすることを、誰かに手伝って貰って・・・

心がしんどいときは、
自分のすることを、誰かに手伝って貰って・・・



人は、いろんな時があるから・・

いつもいつも元気な時ばかりじゃないから・・


しんどい人も受け入れて、
しんどい時の自分も受け入れて・・・


みんな、お互い様だから・・・。


休ませてあげよう。
貴方も私も・・・。


いつもいつも頑張らなくてもいいじゃない。

スーパーマンじゃ無いんだし。
魔法使いじゃないんだし。


しっかり休んで、元気になったら動いて、疲れたら又休んで・・・。


それでいいじゃない。


しんどい貴方も受け入れたい。
しんどい私も受け入れたい。



焦らず静かに回復を待つ。


気が付いたらジョークを言ってる貴方と私。




・・・・イエス様も笑ってる。



ランキングに参加しています(^.^)
下のバーナーをポチっとクリックして応援して頂けると励みになります(*^^*)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

リーダー風をふかすなら (可愛くない話)

大前提が違うのよ。


女でなく男がリーダーになって結構。
是非、そうして下さいな。


でも、大前提が違うのよ。



お酒に溺れなくて、暴力を振るわないのも結構。
品位があるのも結構。
奥さんを大切にして良い家庭を築くのも結構。
評判が良いのも結構。



でもね。
何か事があると、どうして女を矢面に立たせるの?
どうして貴男が矢面に立たないの?


いざという時、どうして女を矢面に立たせるの?


リーダーの第一条件。
何かあった時、自分が矢面に立つ。


当たり前過ぎて、わざわざ言うまでも無い事。

そして、それが一番覚悟のいる事。


リーダー風をふかすなら、先ず、その覚悟をして下さいな。



お酒に溺れなくて、暴力も振るわなくて、品位があって、外の評判が良くても・・・
いざという時に矢面に立たない殿方なんて、リーダーでもなんでもないわ。

ましてや、女を矢面に立たせるなんて・・・
あなた誰?




エス様は、しっかり矢面に立って下さったわ。
しっかり守って下さったわ。
私みたいな可愛く無い女でさえ守って下さったわ。

まさに、文字通り、命がけで矢面に立ち、
命をかけて守って下さったわ。



最高の殿方よ。



大前提が・・・

違うのよ。




ランキングに参加しています(^.^)
下のバーナーをポチっとクリックして応援して頂けると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

白いカラス

権力を手にした者が言う。
「カラスは白い!」
服従者達が応える。
「ハイ!!カラスは白いです!!」


聖職者や教職者が言う。
「それは罪だ!聖書にそう書いてある!!」
信者達が応える。
「ハイ!!それは罪です!貴方がそう言うのですから!」




カラスは白い

貴方の聖書解釈だから正しい




それ・・・・
ほんとう・・・?


あなたの信じているものは・・・何?




ランキングに参加しています(^.^)
下のバーナーをポチっとクリックして応援して頂けると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村