読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

metanoiaxの日記

クリスチャンの立場からクリスチャンへの疑問や、やるせなさを綴っています

口だけ立派

「口だけ立派」というタイプの人がいる。
そういうタイプの人達の「口」は、時に、苦しんでいる人、助けが必要な人にとって暴力になったりする。

例えば一例だが、介護者に対して、
手も貸さない
お金も出さない
けれど口は出す。
・・・・というタイプである。


そういう人達の口というのは、「とても立派」な事を言ったりする。
けれど手は貸さない。

そういう人達は時に、「貴方の為を思って」という大義名分を笠に立派な事を言ったりする。
けれどお金は出さない。


「立派な事を言う口」に真実など私は感じない。
何もしないで「貴方の為を思って」という人の、その言葉は嘘である。



立派な事を言う前に、助けが必要な人に対して、出来ることはいくらでもある。

本当に貴方の為を思うなら、立派な事を言う前に、やれる事は沢山ある。



「立派な事」を言う人というのは、本当は自分しか
見ていない。
自分しか見ていないので、相手が見えない。
相手を見ていないので、目の前の苦しんでいる人が、何を必要としているかが見えない。

というより、見ようとしない。


こういう人達の言葉は、どんな立派な事を並べても、苦しんでいる人の前には、ただの暴力である。




人は、立派な人など必要としていない。


人は究極、立派な人より、有難い人を必要としているのだと・・・・私は思う。




ランキングに参加しています。
下のバーナーをポチっとクリックして応援して頂けると励みになります(*^^*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村