読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

metanoiaxの日記

クリスチャンの立場からクリスチャンへの疑問や、やるせなさを綴っています

日本のクリスチャン人口が少ない理由2「全体主義の匂いがするから」

喧嘩をしたくなければ「政治・宗教・野球の話はするな」とは、良く言ったものである。

野球はともかく、それらは、個々それぞれに、強い拘りを持ち、その拘りは、その人の核となるものだったりする。
そして、その拘りは、「他は譲れても、それだけは譲れない」という、自分の命より大切なものだったりもする。
まったく違う譲れないものが、ぶつかり合うのだから、争いが起こるのは、無理もないと感じる。


・・・・という前置きをしておいて「全体主義」の
話をしようとしている私は、どうなんだ?と、思いつつ、したいのでさせて頂く。(^^;






今の日本人は「全体主義」が、嫌いな人が多いと、私は思う。
本質的に「全体主義」が、嫌いな気質かどうかには、大きく疑問はあるが、歴史的な経験上、「全体主義」の怖さと悲劇を、身をもって知っているのが、今の日本人である。
確かに、身をもって知っている世代の方が高齢化してはいるが、風化させない様にと、新しい世代に繋いでいこうとしているのが、今の日本である。
(最近では、それも怪しくはなってきているが・・)



さて・・・
そういった日本人が、ある時、個々様々な理由で教会の門を叩く。
多くの日本人の、「イメージとして」の、教会やクリスチャンは、優しく、寛容で、謙虚で・・・と、いう人が多い。
あくまでイメージとしての教会である。



そういうイメージを持った日本人が、
ある日、教会の門を叩く。
次いで、牧師の説教を聞き、クリスチャン達の「感じ」を見る。



そして感じる。
・・・・・「何か違う」・・・と。



その「何か」とは、匂いなのだろうと私は思う。
何の匂いかというと・・・・・
全体主義の匂い」なのだろうと私は思う。
日本人の多くは「全体主義」に拒否反応がある。


ここで、その人は教会に行きたいとは思わなくなる。




次に・・・
たまさか、その人が、クリスチャンからラブシャワーを浴びせられ、その「匂い」に気が付かなかったとする。
そして、暫く教会に留まるうちに感じだす。


「権威」の匂いを感じだす。


牧師の権威
親の権威
夫の権威
男性の権威
そして・・・
教会の権威
聖書の権威・・・・・を。

「弟子訓練」という言葉にも、はっきり権威を感じだす。
「リーダーシップ」という言葉も、ノンクリスチャンの間で言うところのリーダーシップとは又違う、おかしな権威を感じだす。



権威主義」は「全体主義」につながる。
日本人は「全体主義」は嫌なのである。



嫌だから、教会から離れる。



日本にクリスチャン人口が少ないのは、こういった理由も、少なからずあると私は思う。




私は、今の教会に日本人が多く集まり出す時は、
全体主義」が嫌ではない日本人が増え出した時ではないかと思っている。


私は、それが恐い。


若者はエネルギッシュであるが故、そのエネルギーを、老獪な大人達に利用されやすい。


私は、本当に恐い。


     
 ❇権威について思う事を、もう少し
       詳しく書きたかったのですが、
       話がそれてしまうので控えました。
       又、記事で書かせて頂きたいと
       思いますm(._.)m


ランキングに参加しています(^.^)
下のバーナーを、ポチっとして頂ければ励みにになります(*^^*)👇

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村