読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

metanoiaxの日記

クリスチャンの立場からクリスチャンへの疑問や、やるせなさを綴っています

クリスチャンの上から目線

キリスト教と一口に言っても、数多くの宗派がある。
宗派によっては、教えが全く正反対だったりする。
なので、この記事の内容が、全てのクリスチャンに当てはまるわけではない。
そこのところを踏まえて、お読み頂くと有難い。」



【クリスチャンの上から目線】・・・
これは、ブログでも数多く取り上げられているテーマである。
それだけ、クリスチャンからの上から目線を経験し、嫌な思いをした人が多いという事であろう。
いかせん私も、その嫌な思いをした一人である。
クリスチャンからの上から目線に出くわし、最悪に嫌な思いをした方々の気持ちが良く解る。
又、私の場合、仕事上で損害を被った経験もあり、痛い程嫌な思いをされた方の心情が解る。


よく、「クリスチャンで無くても上から目線の人は沢山いる。だから、たまたま出会ったクリスチャンが上から目線だっただけで、それに捕らわれるのはおかしい。人が集まれば色んな人がいるのだから・・・」 と、いう人がいる。


しかし、それは違う。


何故なら、クリスチャンと言われる、あの人も、この人も・・・
クリスチャンの方のブログ記事を見ても、あの人も、この人も・・・
つまり、上から目線の人のパーセンテージが、物凄く高いのである。
そして、その上から目線のあり方が、皆、共通しているのである。
ノンクリスチャンには見られない、上から目線のあり方なのである。

と・・いう事は、これは、多くのクリスチャンと言われる人達の特長という事になる。


勿論、そうでない方々もいらっしゃっる。
しかし、半分以上の方々が上から目線と言わざるを得ないと感じる。


さて・・・・
クリスチャンであるが故の上から目線の方々は、皮肉なことに
「あっ、これは自分の事では無いな。
私は完璧では無いけれど、聖書の教えに従って、謙虚、謙遜を心掛けているし・・・私はクリスチャンだし・・・」
と、思われるパターンが多い。

もう、そう考える事じたいが、上から目線なのたが、どうしてそれが上から目線なのか・・・という事が解らない・・・という悲しい現状がある。

次ブログ記事から、何がどう上から目線なのか、数列をあげて具体的に書きたいと思う。


このブログを、お読み頂いた皆様と一緒に、このテーマについて考える機会を与えて頂ければ有難いです。


ブログ村ランキングに参加しています。
下のバーナーをクリックして応援して頂けると嬉しいです👇

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村