metanoiaxの日記

クリスチャンの立場からクリスチャンへの疑問や、やるせなさを綴っています

私達は泣き寝入りしません

先日、仕事の帰りにコンビニエンスストアに寄ったのですが・・・・いつもの如く、ポォ~っと商品を見ていると・・・「立ち上がれ!」と、いう文字と、 「私達は泣き寝入りしません!」と、いう文字が 目に飛び込んできました。何だろう?と近くに寄って見てみ…

コイノイア(穢れをともにする)・シャローム・そしてメタノイア コメント2

今、辛い人は沢山います。 昔も、辛い人は沢山いました。 自分が幸せな時・・・ 自分の幸せに、何か後ろめたさを感じてしまうのは私だけでしょうか? 笑いながら、そして楽しみながら、どこかで申し訳なさを感じてしまうのは私だけでしょうか? コイノイア・…

キリスト者であるならば・・・

キリスト者であるならば・・・ せめて自分が、弱き者を抑圧する者にだけは、ならぬようにと願う。 キリスト者であるならば・・・ せめて自分が、弱き者から目をそむける者だけには、ならぬようにと願う。 キリスト者であるならば・・・ せめて自分が、弱き者…

平気で無視される「被介護者」の人権

「被介護者」の人権は、時に平気で無視される。あちらこちらで・・・ 病院で、ショートステイ先で、近所で、自宅で、 時に無視される。無視する方は、自分でも気が付かずに無視をする。 ドクターに、看護士に人権を無視されるだけでもたまらないのに、時に、…

傲慢なクリスチャンの成れの果て

その姿を見て眉をひそめるくらいなら 病者訪問などしないほうがよい。 その言葉を聞いて眉をひそめるくらいなら 高齢者の訪問などしないほうがよい。 あなたは何をしにそこへ行ったのだ? 病ゆえに、罵詈雑言を吐き、悪口を言う高齢者の姿は美しく、いとおし…

「傍観する」という消極的な虐待への加担 コメント2

飢えている子をみたら 食べ物を与えるだけで充分だ。 泣き叫んでいる子をみたら 涙を拭ってやり抱きしめるだけで充分だ。 怪我をしている子をみたら 手当てをしてやるだけで充分だ。 何もしなければ、 何も変わらない。 飢え、怪我をしたまま、泣き叫ぶ子供…

幼稚な提案 

私は知りませんでした。もう40年も前から、カルト化した教会が問題として認識され始めていたとは・・・ そして、「信仰という名の虐待」の本が出版されて15年にもなるのに、カルト化した教会の殆どに何の改善もなくまだ、虐待が続いているとは・・・ こ…

「知っている」という事の、はしたなさ

人によって価値観は色々である。生まれも育ちも違うのだから当たり前である。 「知っている」という事について言えば・・・ ある人にとっては、「知っている」という事は、素晴らしい事で、何でも「知っている」方が価値があり、立派な事であるとしている。 …

憎しみという贈り物はあげない

「憎しみという贈り物はあげない」パリの同時多発テロで妻を失ったジャーナリストの言葉である。 多くの人の共感を呼んだ言葉である。 この言葉を聞いた時、皆様はどう思われたであろうか?私は深い共感と共に、「憎しみ」という感情に囚われて逃れられない…

悪口満載のお説教をする牧師達 コメント2

悪口満載のお説教をなさる貴方。 はい。貴方の事でございます。 違う教派の悪口を言い、 カトリックの悪口を言い、 ノンクリスチャンの悪口を言う、あ・な・た。 えっ?悪口じゃない? 真理を語っている? 健全な批判?いえいえ。 悪口です。貴方がおっしゃ…

カルト化した教会の子供達

カルト化した教会にいた子供の心の傷は、想像以上に深い。カルト化した教会の子供達は、当然、親に連れられて、その教会と縁を持つ。ある程度、大人になってカルト化した教会に自分から縁を持ったのであれば、それはその人の意志であり、その人の責任でもあ…

憐れまないように・・・

人が人を、憐れまないように・・・・憐れまないように・・・憐れまないように・・ 憐れみは、神様が下さる。貴方にも、私にも。 人が人を憐れまないように・・・・憐れまないように・・・憐れまないように・・ ただ、共に泣き共に笑うだけでいれますように・…

「同情」という気の引き方をするクリスチャン

「常に人の気を引いていないと落ち着かない」という人がいる。 そういう人は、常に、相手をコントロールしていた い人でもある。 そういう人達は、実に色々な気の引き方を知っている。 小さな子供ならば「泣いて」相手の気を引こうとする。 「泣く」事で、相…

あとだしジャンケンブログ

あとだしジャンケン、ジャンケンポン! 勝った~(^.^) あとだしジャンケン、ジャンケンポン! 又、勝った~(^.^) もひとつ、あとだしジャンケン、ジャンケンポン! 又々、勝った~(^.^) 真っ直ぐ向かい合った反論もなく、真っ直ぐ向かい合った抗議もなく、真…

聖書教育が仇となるとき

人に暴力をふるってはいけないのは、 暴力をふるわれた人が傷つくからである。 身体は治っても、心に一生治らない傷が残るかも知れないからである。「聖書に書いてあるから」、人に暴力をふるってはいけないのではない。 人の物を盗んではいけないのは、 盗…

エネルギーを吸いとられる教会

皆様は黒人霊歌はお好きでしょうか? 私は大好きです。有名なところで「深き河」 あと、「罪つくり」「ボーイ・ボーイ」「みんなで刈りとろう」・・そして「牧師とどれい」など・・どの歌も、私の心に響きます。 ところで・・・ クリスチャンの方で、教会に…

人を侮る牧師達

真剣に物事を考えている人を、 侮ってはいけません。 知らない事を一生懸命勉強している人を、 侮ってはいけません。 問題提起をする人を、自分の思い込みで、 侮ってはいけません。 真剣に物事を考える人や、知らない事を一生懸命勉強している人や、問題提…

キリスト教批判について思うこと

キリスト教を、又は、クリスチャンを批判しているブログというものがある。 又、書物がある。私は、よくそういうブログを訪問させて頂く。 書物も、読ませて頂く。 クリスチャンだったけれど今は辞められた方、 クリスチャンではあるけれど、教会を離れられ…

お母さんがいない

僕のうちには、先生がいる。 でも・・・お母さんはいない。僕のうちには、先生がいる。 でも・・・お父さんはいない。 僕のうちの先生は、いつでも、とっても正しいことを言ってくれる。だから僕は、ホントの気持ちを言えなくなってしまうんだ・・・ホントの…

「雅歌」と与謝野晶子

皆様は、与謝野晶子さんはお好きしょうか?(^.^) 「君死にたまふことなかれ」 私がこの歌と出会ったのは、確か中学三年生の時だったと思います。 教育実習でいらした男の先生が朗読して下さったという記憶があります。「君死にたまふことなかれ」初めて聞い…

「媚びる」信者と「媚びさす」牧師

梅雨に突入しましたが、皆様、お身体の調子は如何でしょうか? 私は、昨晩いきなり嘔吐と発熱に襲われダウン。 まさか・・・食中毒?と思いながら今朝は復活。 ただの風邪だったようです(^^; この季節、体調管理には気を付けたいものです。 さて・・ 今日は…

悪口、批判、抗議・・・そして怒り

悪口と批判は違う。 悪口と抗議も違う。私は、悪口は良くないが、批判、抗議は大いにあって構わないと思っている。しかし、一部の権威主義的教会では、批判、抗議はあってはならないという空気がある。それも・・・ 批判を悪口とし、抗議も悪口とするという…

お詫びm(._.)mm(._.)m

前々記事ですが、パソコン操作を誤り、2度同じ記事を掲載してしまいましたm(._.)mm(._.)m前々記事は内容を消去し、前記事【山上の垂訓「アシュレー」あるがままでOK!で良かった(^.^)】に、掲載致しました。申し訳ございませんでしたm(._.)mm(._.)m

山上の垂訓の「アシュレー」あるがままでOKで良かった(^.^)

~でなければならない。 ~で、あらなければならない。 ~のようでなければならない。 ・・・・・苦手である。 ・・・・・無理である。 私は私でしかない。 私は私以外の何者のようにもなれないし・・・ 実は・・・不遜かも知れないが、私は私以外の何者のよ…

聖書に加筆ってアリなの?加筆されているルカの福音書(ToT) コメント2

何をもって「聖書」というのだろうか・・・と、考えてしまう。例によって私らしくポケ~っと聖書を読んでいたら、ルカ23:34のところに来た。【そのとき、イエスは言われた。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」】・・…

嫌われないように・・・

私は 嫌われないように頑張った。 来る日も来る日も頑張った。 おかげで私は、みんなから好かれた。けれど・・・私は死んでしまった。 あの娘は 嫌われても構わないと頑張った。 来る日も来る日も頑張った。 そのせいであの娘は、みんなから嫌われた。けれど…

毎日曜日に教会に行ける人が羨ましい

やっと来た。 やっと二人で来れた。 二人で杖を付きながらやっと来た。 痛む身体を引き摺りながらだけれど・・・ それでもやっと来れた。 人が1時間で来れる、この場所も・・・ 私達には3時間。 でも来れた。 前の晩から覚悟して・・・ 夜が明けぬうちに起…

イエス様の「ぶどうの木」を見てみたい

私はイエス様が、ご自分を例えておっしゃった、 「ぶどうの木」を、見てみたい。 物凄く見たい。 私は、この例えを初めて聞いた時、自分よりも背の高い美しいぶどうの木と、その木に実った美味しそうな葡萄を想像し、ロマンチックな気分に浸るという、まこと…

忘れられた隣人達

今日も、誰も私の名前を呼んでくれなかったよ。 遠い昔・・・。 お母さんは、梅ちゃん梅ちゃんって・・。 1日に何度も呼んでくれた。 懐かしい懐かしい私の母の声。 「梅ちゃん、梅ちゃん」って、 1日に何度も呼んでくれた。 小さい弟や妹達は、「姉ちゃん…

「へりくだる」?冗談じゃない!その聖書の訳は原語に忠実ではない。

マタイの「疲れた者、重荷を負う者は、誰でもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう・・・」 あまりにも有名な聖句である。そして・・・その理由として、 「わたしは柔和で謙遜な者だから・・」(新共同訳) 「わたしは心優しく、へりくだっているから・・…